« 秋ノビ | トップページ | 朝靄の中で惨敗 (仙丈ヶ岳篇) »

2009年9月30日 (水)

ライチョウを見たいがために騙しました (仙丈ヶ岳篇)

0909raichou01
 FujifilmS5 PRO Σ 150-500mm HSM OS f8 iso500 ss=1/160


 ライチョウが見たくて南アルプスの女王と呼ばれる仙丈ヶ岳に9/26~27と登ってきました。
 標高3,000mを超える仙丈ヶ岳はライチョウの生息地として日本最南端、彼らの数少ない楽園です。
 僕が所属する素人登山チームのリーダーから、南アルプスの鳳凰三山登山のプランが廻ってきたのですが、どうしてもライチョウが見たかったがために、言葉巧みにリーダーたちを丸め込んで、強引にプランを仙丈ヶ岳登山プランに改竄したのでありました。
 ただ、仙丈ヶ岳登山ともなると登山者としては中級から上級にかけての山ですからいつもの鳥見装備を持って登るなど不可能、カメラ関連もコンパクトに押さえなければなりません。天候によっては早朝は9月といえど氷点下になる可能性もあります。
 軽量装備として望遠レンズはVR 70-300にしようかと思いましたが、どんな撮影条件になるかわからないのでちょっとでも焦点距離を稼ごうと思い切ってΣ 150-500 HSM OSを半年以上ぶりに持出しました。
 (正直言ってこの選択は失敗でしたが…。)

 カメラとレンズで約2.7kgを片手に登山道を5時間近く登り続けほぼ山頂付近の北斜面でライチョウを発見。小走りで接近します。当たり前ですが登山道から外れることはできませんから登山道伝いに一番近いと思われるポイントを目指して走ります。
 普通に登っていればそれほどでもなかったのでしょうが、手に持ったカメラとレンズが思いの外体力を削っていました。たかが500mm(35mm換算750mm)を構えるだけでしんどいです。標高3,000mという空気の薄さも影響してかピントが合わせられません。(まあ、最後に浮かれて小走りしたのがトドメでしたが)
 ライチョウは4羽で家族のようでした。


0909raichou02
 FujifilmS5 PRO Σ 150-500mm HSM OS f8 iso500 ss=1/160

 おなかの方から白くて綺麗な冬羽に。足のモコモコした羽がすごいです。
 せっかく長モノを用意したのにライチョウさんたちはどんどん近づいてきます。これならVR 70-300どころか標準ズームでよかった!
 北斜面で薄暗かったのでAFも殆ど効かずMF撮影です。久しぶりのΣレンズはいつものゴーヨンピやハチゴローと勝手が違いうまくピントも合わせられません。
 (↑ヘボです)


0909raichou03
 FujifilmS5 PRO Σ 150-500mm HSM OS f8 iso500 ss=1/160

 最終的には最短焦点距離の内側(ほぼ足下)にまで寄られ、撮影するために僕が逃げるという珍現象。
 2mよりも近くにライチョウが近づいてくれるという幸せと超絶チャンスにうまく撮影ができないという不幸が一度に!
 でも間近で見られて超幸せだったかな。


にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ

|

« 秋ノビ | トップページ | 朝靄の中で惨敗 (仙丈ヶ岳篇) »

ライチョウ」カテゴリの記事

仙丈ヶ岳」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

今晩は(o^-^o)
隙間産業さんのブログ、いつ楽しく拝見している同じココログブログ【ENJOY写真ライフ】のfujiです。
コメントでは初めましてですが、、
記事の分面がいつも面白くてついつい笑って楽しんでいます。もちろん鳥写真の内容も素晴らしいです。
きちんと項目が分類されているので鳥の検索にも
重宝しています。私も鷺を綺麗だと思い時には撮影しますよ。最近私もアオサギをキャッチしたので宜しかったらブログ名で検索されて覗いて見てくださいね。
これからも益々お元気で楽しくユニークなブログを展開されますよう期待していますwink


投稿: Fuji | 2009年9月30日 (水) 20時13分

>Fujiさん

過分なお褒めの言葉をいただき恐縮です。
単にそのときの気分で書きなぐったモノを予約投稿で順に上げているモノですから、後から自分で読んで青くなったり土色になったりしています。
写真の方は…、仲間のゴイサギ君からよくダメ出しを喰らっています。まあ彼は商業カメラマンなので…
こんなBLOGでよろしければまた読んでやって下さい。
コメントありがとうございました!

投稿: 囲竹士 | 2009年10月 1日 (木) 08時47分

こんにちは。
仙丈ケ岳で一緒だった親子の父です。
お世話になりました。結局、歌宿に下山されたみたいでしたね。

この記事を読んで、あの雷鳥の様子を想像して笑いました。僕は翌日もあの4羽に会いましたが登山道上にいて子供は追い回していましたよ。(バチ辺りな。)

僕はアルプスで500mmを手持ちで登っている人を初めて見ましたよ。^^;) その情熱には頭が下がります。写真は流石綺麗ですね。

では。

投稿: Taka | 2009年10月 2日 (金) 00時11分

>Takaさん

何故ここがおわかりに!?>!!(゚ロ゚屮)屮

こちらこそお世話になりました。
夜は苦しそうにされていましたが大丈夫でしたでしょうか?
歌宿ではバス7台にスルーされるという放置プレイを喰らいました。
(TωT)

翌朝僕はライチョウファミリーには会えませんでした。
(TωT)

立山あたりだとバスで室堂までいけるせいか、600mm(5~6kg)を持って行かれた方がいますので僕などまだまだです。
僕も今回500mmF4Pというマニュアルレンズ(3kg弱)を持って行こうかと思ったんですが日和って150-500(1.8kg)にしました。
日和らずに500mmF4Pを持って行けばもっとチャンスがあったのにと後で後悔しました。
(TωT)

投稿: 囲竹士 | 2009年10月 2日 (金) 07時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1186754/31569916

この記事へのトラックバック一覧です: ライチョウを見たいがために騙しました (仙丈ヶ岳篇):

« 秋ノビ | トップページ | 朝靄の中で惨敗 (仙丈ヶ岳篇) »