« 続々々、飛びモノにも挑戦してみました | トップページ | いつもの早朝は・・・ »

2010年1月15日 (金)

氷上と氷中

 セグロセキレイとたぶんタシギ。
 (このシギは周りにいた他のタシギたちに比べて体が少し大きかったのでオオジシギ、もしくはハリオシギかも?)


1001segurosekirei01
 NikonD300s Nikkor 800mm f8 iso500 ss=1/250

1001tashigi01
 NikonD300s Nikkor 800mm f8 iso400 ss=1/320

 太平洋側のぬるい平野部に住んでいるとなかなかこういう景色にはお目にかかれないです。


にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ

|

« 続々々、飛びモノにも挑戦してみました | トップページ | いつもの早朝は・・・ »

セグロセキレイ」カテゴリの記事

タシギ」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事

湖北」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

ジシギに凝って探しまくった事がありましたが、殆どタシギでした。
いまだによく分かりません。
ハリオの針の様な尾羽を撮ってみたいです。

投稿: 風の竜馬 | 2010年1月15日 (金) 11時01分

まさにタシギですsign01
昨日私もセグロと一緒に撮りましたcamera
ヤマシギも出てましたがこれが
隠れぱなしで全身を確認できませんでした。
冬鳥なので今、出会いを注目されていますねwink

投稿: Fuji | 2010年1月15日 (金) 21時48分

>風の竜馬さん

体が少し大きかったのですが判別に必要な尾羽や風切羽の写真が全く撮れてないので何が何だかさっぱりです。
やっぱりタシギですかねぇ。

投稿: 囲竹士 | 2010年1月16日 (土) 14時13分

>Fujiさん

ヤマシギにはいつも驚かされてばかりで(足下で隠れていて急に飛び立つので)まともに姿を拝んだことがありません。
考えてみるとよくわからないジシギは何度か眼にしているモノのはっきり姿を見たといえるのはタシギだけです。この冬の間に他のジシギにも会えるといいのですけど。

投稿: 囲竹士 | 2010年1月16日 (土) 14時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1186754/32896565

この記事へのトラックバック一覧です: 氷上と氷中:

« 続々々、飛びモノにも挑戦してみました | トップページ | いつもの早朝は・・・ »