« 半開き | トップページ | お疲れ? »

2010年3月25日 (木)

大赤腹

 日曜の鳥見はあまりに風が強い日だったので鳥たちが隠れてしまっていたようだったのですが、午後少し風が落ち着いたらオオアカハラが姿を見せてくれました。


1003ooakahra01 NikonD300s Nikkor 800mm f8 iso400 ss=1/500

 午前中はさっぱりだったのですが、午後になって地元のバードウォッチャーさんと少しお話しする機会があったのですが、「オレはここのオオアカハラとはつきあいが長いから仲いいよ」と言って甲高い声で「ホイ!ホイ!」と言いながら辺りを歩き回ると本当に出てきました。
 これはメルヘンか!?


1003ooakahra02 NikonD300s Nikkor 800mm f8 iso400 ss=1/320

 このバードウォッチャーさんの話では土日に集まるカメラマンが追い回すので鳥たちの出が悪くなっているそうです。中には営巣中のモズに他の鳥を撮るのに邪魔だと石を投げた人もいるとか。信じられないですね。
 「僕も石を投げるかもしれないです、モズに石を投げたアホに向かって」
 と言ったらちょっと本気で呆れられましたが。
 他にも畑に三脚を立てるとか、鳥のねぐらになる茂みに潜り込もうとするとかいろいろとんでもない人が来るそうです。


1003ooakahra03 NikonD300s Nikkor 800mm f8 iso400 ss=1/640

 動物をいじめない、農地・私有地に入らない、現地を荒らさないなんて鳥見のマナーではなく一般常識だと思うのですが。


にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ

|

« 半開き | トップページ | お疲れ? »

オオアカハラ」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

ここのオオアカハラ、餌付けされているのも問題では?

投稿: | 2010年3月25日 (木) 07時45分

>匿名さん

本来であれば匿名・捨ハンの人は相手をする価値がないのですが、いい機会ではあるかもしれないので少しだけ僕の見解を書いておきます。

僕個人は餌付けの賛否を問われれば否定派に入ります。
写真のために餌付けをするのはよくないと思うし、考え無しな餌付けによる野鳥への悪影響もあると思っています。
しかし全ての餌付けを否定も出来ないと思ってもいます。特に冬期は。
最終的には誰がなんの目的で、どの程度の知識・経験と判断を持って、どういう方法をとっているかにかかると思っています。

一番いけないのは安易に考えて行動したり安直に否定をしていい気になることじゃないかと思います。

ここのオオアカハラは餌付けされていましたが、僕が見たのと現地のウォッチャーさんの話を聞いた限りでは否定だのなんだのを僕が判断するのはおこがましいことだと考えました。

ちなみに僕個人は餌付けをしたことがないし、たぶんこれからもすることはないと思います。
写真のことだけを考えるなら餌付けは有効な手段かもしれませんけどね。僕には後の影響のことまでの判断や責任を負うことが出来ませんので。

投稿: 囲竹士 | 2010年3月25日 (木) 19時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1186754/33891521

この記事へのトラックバック一覧です: 大赤腹:

« 半開き | トップページ | お疲れ? »