« 張り合っている・・・わけではない? | トップページ | こちらはこれから »

2010年6月 5日 (土)

ぼうやたちがあたちのあいてをちようなんてはやいわよ

 高原の森の中へ入るとキビタキが盛んに飛び回っておりました。


1005kibitaki01 NikonD300s Nikkor 800mm f5.6 iso500 ss=1/200

 キビ嬢が目の前に飛び込んできました。(そういやキビタキ♀をみるのは今期初めて)


1005kibitaki02 NikonD300s Nikkor 800mm f5.6 iso500 ss=1/200

 すると僕と彼女の間に割り込むようにキビタキ♂も飛び込んできました。彼が僕をみる視線は何か挑戦的です。どうやら「彼女には俺の方が先に目をつけていたんだ」と言いたいようです。(妄想)


1005kibitaki03 NikonD300s Nikkor 800mm f5.6 iso500 ss=1/200

 なんか流し目を使っています。
 でもあっさりこの後彼女は飛び去ってしまいました。♂は飛び回る雌の後をさかんについて周り時々囀ってもいましたが・・・彼女にその気がないようでした。


|

« 張り合っている・・・わけではない? | トップページ | こちらはこれから »

ひるがの高原」カテゴリの記事

キビタキ」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
>♂は飛び回る雌の後をさかんについて周り時々囀ってもいましたが
先日見たクジャクのオスが羽を広げながら、メスに2・3回迫る風景を思い出しました。
http://video.nifty.com/cs/catalog/video_metadata/catalog_100518312975_1.htm
映像の最後の方で、オスクジャクが別のメスクジャクにアタックし始めたら、横にいたおばさんの「(このクジャクは)誰でもいいのか?」という声が心に痛かったです。

投稿: mi84ta | 2010年6月 5日 (土) 09時24分

>mi84taさん

クジャクからしたら誰でもいいのかとは心外でしょうね。
羽を広げてアタックするのにどれだけのエネルギーが必要なのかと(すごく疲れそうです)

一本折れてしまった羽根が哀愁を誘いますね
(ノд・。)

投稿: 囲竹士 | 2010年6月 5日 (土) 21時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1186754/35065643

この記事へのトラックバック一覧です: ぼうやたちがあたちのあいてをちようなんてはやいわよ:

« 張り合っている・・・わけではない? | トップページ | こちらはこれから »