« しつこく | トップページ | いつでも謝る用意があります »

2010年8月26日 (木)

ようやく

 ツバメチドリを観察した後、機材を片付けているときうっかり指を挟んでしまい流血。
 痛い痛いとぼやきつつ田園地帯を流していると湿地のようになった場所に鳥たちが集まっていました。何が居るかな~、と見てみると、去年からずっとフられてきたコアオアシシギが居るじゃありませんか。


Dsc_0177

 見つけることができそうで、なかなか見ることができなかったコアオアシシギをようやく見ることができました。
 ありがとう神様 僕にチャンスをくれて ラスコアオアシシギに会わせてくれて。


Dsc_0159

 それにしても神様、ひょっとしてまだ生け贄制度は健在なのでしょうか?


|

« しつこく | トップページ | いつでも謝る用意があります »

コアオアシシギ」カテゴリの記事

三河」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コアオアシシギ、初見お目出度うございます。
またしても生け贄が必要だったようで御愁傷様でした。
ボクはコアオアシシギというよりコセイタカシギに見えるな。

投稿: 風の竜馬 | 2010年8月26日 (木) 09時35分

>風の竜馬さん

レスが遅くて申し訳ありません。

生贄のレートが解ればむしろ有効活用できるかもとよこしまなことを考えています。
コアオアシシギは背が高いからあんまり「コ(小)」という感じは確かにしないですね。

投稿: 囲竹士 | 2010年8月28日 (土) 20時22分

こんばんは。
「生贄」が指を挟んで怪我程度(?)で機材を犠牲にすることなく済んでよかったですね。(^^;)
肉体系の「生贄」だと別の意味で怪我(機材の代わりの生贄かね・・・)に気をつけてくださいね。

投稿: | 2010年8月28日 (土) 21時18分

>智さん

僕の体は機械の身代わりだったのですね。
なんか納得しました(するな!)

まあカメラが壊れると僕の場合、撮影機材がそのままスコープ替わりですので何もできなくなってしまうのでそれはそれでとも思ってみたり。

投稿: 囲竹士 | 2010年8月30日 (月) 10時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1186754/36361621

この記事へのトラックバック一覧です: ようやく:

« しつこく | トップページ | いつでも謝る用意があります »