« 話し合いの用意があります | トップページ | エゾ »

2011年5月19日 (木)

「コ」には会わない

1105samebitaki01

 「サメとコサメ、どちらか判別に迷ったら間違いなくコサメビタキ」とまで言われたコサメビタキには今年はまだ会ってないのですが、サメビタキとはわりと会うのです。


1105samebitaki02

 水場でも。
 今年の春は昨年までとずいぶん様子が違う気がします。


*追記
 腹側に明瞭に暗色模様が出ていたので「サメビタキ」と判別したのですがコサメビタキの間違いだったようです。
 現地でお会いした方と、ご一緒させていただいた諸氏にはご迷惑をおかけしました。

 記事は恥さらしの記録としてこのまま残しておきます。

|

« 話し合いの用意があります | トップページ | エゾ »

サメビタキ」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事

石川県」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
以前にあるブログを見て、デジイチ(K200D)で鳥を撮るのに使えるかも?とSIGMA Telephoto 400mm F5.6(MF)と1.5倍テレコン(ケンコー製)を買いました。
この程度のレンズで、鳥は撮れるものでしょうか。
今ではほとんど使ってないけど、ペンタックスマウントのレンズは、滅多にヤフオクに出品されないので、手元に置いてますが、ホントは処分しようか迷ってます。

投稿: mi84ta | 2011年5月19日 (木) 14時01分

え~、コサメ疑惑が浮上いたしました(泣

投稿: 川瀬 水輝 | 2011年5月19日 (木) 21時45分

>mi84taさん

400mmであれば十分かと思います。ペンタの場合ボディ内手ブレ補正もあるので有利かと思います。
ただ小鳥を大きく撮ろうと思うと少し物足りないかと思いますが逆に絵作りに向いていると思います。
鳥の写真は泥沼の世界(笑)なのである程度今のシステムで撮ってみて鳥の写真を続けるのかをお決めになり、続けられるのであれば自分が求める絵に必要な画角を見つけられると楽しいと思います。
僕は迷走を続けてシグマ500ズームから始まりニコンレフレックス1000→500→800→600となりました。

古いレンズですと最新の高画素機になると少し解像感が得られにくいと思いますから。今後ボディを買い換えられた時にはレンズの買換えも考えられた方がよいかもしれませんね。

長々と失礼しました。

投稿: 囲竹士 | 2011年5月20日 (金) 05時42分

>川瀬水輝さん

サメとコサメの判別はクチバシの長さと腹の暗色模様だと思っていたのですが、川瀬さんの記事にあるクチバシの黄色の部分という判別ポイントは知りませんでした。
現地で僕がサメビタキと言ったために、皆さんをがっかりさせてしまうようなことになりました。申し訳ありません。

投稿: 囲竹士 | 2011年5月20日 (金) 05時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1186754/40031954

この記事へのトラックバック一覧です: 「コ」には会わない:

« 話し合いの用意があります | トップページ | エゾ »