ライチョウ

2009年10月 5日 (月)

コンデジで、って言ってもデジスコじゃないよ (仙丈ヶ岳篇)

Senjou01


 仙丈ヶ岳の写真整理していたのですがその中からコンデジ(Fujifilm F100d)で撮ったモノです。
 足下までライチョウファミリーが寄ってきたのでコンデジでも撮ってみました。


Senjou05

Senjou02

Senjou03

 仙丈ヶ岳はすばらしい山でした。また今度は万全の装備で登りたい山です。
 今年はもう行けないですが、たぶん今週辺りが一番いいんじゃないでしょうか。


Senjou04


にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年9月30日 (水)

ライチョウを見たいがために騙しました (仙丈ヶ岳篇)

0909raichou01
 FujifilmS5 PRO Σ 150-500mm HSM OS f8 iso500 ss=1/160


 ライチョウが見たくて南アルプスの女王と呼ばれる仙丈ヶ岳に9/26~27と登ってきました。
 標高3,000mを超える仙丈ヶ岳はライチョウの生息地として日本最南端、彼らの数少ない楽園です。
 僕が所属する素人登山チームのリーダーから、南アルプスの鳳凰三山登山のプランが廻ってきたのですが、どうしてもライチョウが見たかったがために、言葉巧みにリーダーたちを丸め込んで、強引にプランを仙丈ヶ岳登山プランに改竄したのでありました。
 ただ、仙丈ヶ岳登山ともなると登山者としては中級から上級にかけての山ですからいつもの鳥見装備を持って登るなど不可能、カメラ関連もコンパクトに押さえなければなりません。天候によっては早朝は9月といえど氷点下になる可能性もあります。
 軽量装備として望遠レンズはVR 70-300にしようかと思いましたが、どんな撮影条件になるかわからないのでちょっとでも焦点距離を稼ごうと思い切ってΣ 150-500 HSM OSを半年以上ぶりに持出しました。
 (正直言ってこの選択は失敗でしたが…。)

 カメラとレンズで約2.7kgを片手に登山道を5時間近く登り続けほぼ山頂付近の北斜面でライチョウを発見。小走りで接近します。当たり前ですが登山道から外れることはできませんから登山道伝いに一番近いと思われるポイントを目指して走ります。
 普通に登っていればそれほどでもなかったのでしょうが、手に持ったカメラとレンズが思いの外体力を削っていました。たかが500mm(35mm換算750mm)を構えるだけでしんどいです。標高3,000mという空気の薄さも影響してかピントが合わせられません。(まあ、最後に浮かれて小走りしたのがトドメでしたが)
 ライチョウは4羽で家族のようでした。


0909raichou02
 FujifilmS5 PRO Σ 150-500mm HSM OS f8 iso500 ss=1/160

 おなかの方から白くて綺麗な冬羽に。足のモコモコした羽がすごいです。
 せっかく長モノを用意したのにライチョウさんたちはどんどん近づいてきます。これならVR 70-300どころか標準ズームでよかった!
 北斜面で薄暗かったのでAFも殆ど効かずMF撮影です。久しぶりのΣレンズはいつものゴーヨンピやハチゴローと勝手が違いうまくピントも合わせられません。
 (↑ヘボです)


0909raichou03
 FujifilmS5 PRO Σ 150-500mm HSM OS f8 iso500 ss=1/160

 最終的には最短焦点距離の内側(ほぼ足下)にまで寄られ、撮影するために僕が逃げるという珍現象。
 2mよりも近くにライチョウが近づいてくれるという幸せと超絶チャンスにうまく撮影ができないという不幸が一度に!
 でも間近で見られて超幸せだったかな。


にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年3月 1日 (日)

雷鳥

 最近になって野鳥撮影を始めました。
 写真は人に見せる前提でないと上達しないかと思うので調子こいて写真の為のブログを創ってみました。
 いまやいい年したオッサンなんですが、もともと野鳥撮影は学生時代にやっていた謂わば「昔取った杵柄」といったところなんですが正直なところ「杵柄」をとれた覚えがありません。今からとれるように頑張ろうかと思います。

 野鳥撮影を再び始めようと思った直接の原因は友人の一人が最近はまってしまって、いやもう「お前はアホか」っちゅうくらいはまってるんですが気がつくと僕もアホと化してました。うん、アホ(二人)は救いようがありません。
 で、原因はもう一つあってたまたま去年の夏、まぐれで雷鳥の写真を撮ってしまったのです。なんかそういうちょっと普段撮れないような写真を撮ってしまったがために写真を本格的にやりたいななんて泥沼にはまるようなことを思ってしまったのです。もうちょっといい機材と腕があればもっとすんごい写真を撮れるチャンスだったんじゃないかと後になって考えちゃったりしたんですよ。


0807raityou01
 Fujifilm f100d(トリミング)


 うーん、もっと羽毛のフサフサ感が表現できる写真が撮れたらなぁ・・・・・


| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

Nikkor Reflex 1000mm | S5 PRO | ひるがの高原 | アオアシシギ | アオゲラ | アオサギ | アオジ | アオバズク | アオバト | アカアシシギ | アカアシチョウゲンボウ | アカエリヒレアシシギ | アカガシラサギ | アカゲラ | アカコッコ | アカショウビン | アカハシハジロ | アカハラ | アカモズ | アジサシ | アトリ | アマサギ | アマツバメ | アメリカウズラシギ | アメリカコガモ | アメリカコハクチョウ | アメリカヒドリ | アリスイ | イイジマムシクイ | イカル | イカルチドリ | イソシギ | イソヒヨドリ | イヌワシ | イワツバメ | イワヒバリ | ウグイス | ウズラクイナ | ウズラシギ | ウソ | ウチヤマセンニュウ | ウミアイサ | ウミウ | ウミネコ | エゾビタキ | エゾムシクイ | エナガ | エリマキシギ | オオアカゲラ | オオアカハラ | オオアジサシ | オオカワラヒワ | オオジシギ | オオジュリン | オオセグロカモメ | オオソリハシシギ | オオタカ | オオハクチョウ | オオハシシギ | オオバン | オオヒシクイ | オオミズナギドリ | オオメダイチドリ | オオヨシキリ | オオルリ | オオワシ | オカヨシガモ | オグロシギ | オシドリ | オジロトウネン | オジロビタキ | オナガ | オナガガモ | オバシギ | オーストンヤマガラ | カイツブリ | カケス | カササギ | カシラダカ | カッコウ | カツオドリ | カモメ | カヤクグリ | カラスバト | カルガモ | カワアイサ | カワウ | カワガラス | カワセミ | カワラヒワ | カンムリカイツブリ | ガビチョウ | キアシシギ | キガシラシトド | キクイタダキ | キジ | キジバト | キセキレイ | キヅタアメリカムシクイ | キバシリ | キビタキ | キマユホオジロ | キョウジョシギ | キリアイ | キレンジャク | キンクロハジロ | クイナ | クサシギ | クビワキンクロ | クロアシアホウドリ | クロガモ | クロサギ | クロジ | クロツグミ | クロツラヘラサギ | ケアシノスリ | ケリ | コアオアシシギ | コアジサシ | コウノトリ | コオバシギ | コガモ | コガラ | コクガン | コゲラ | コサギ | コサメビタキ | コシアカツバメ | コジュケイ | コチドリ | コチョウゲンボウ | コノハズク | コハクチョウ | コホオアカ | コマドリ | コミミズク | コムクドリ | コメボソムシクイ | コヨシキリ | コルリ | ゴイサギ | ゴジュウカラ | サカツラガン | ササゴイ | サシバ | サメビタキ | サルハマシギ | サンカノゴイ | サンコウチョウ | サンショウクイ | シジュウカラ | シチトウメジロ | シノリガモ | シマアジ | シマゴマ | シマセンニュウ | シマノジコ | シメ | ショウドウツバメ | シロチドリ | シロハラ | シロハラクイナ | ジャワアカガシラサギ | ジョウビタキ | スズカモ | スズメ | ズグロカモメ | セイタカシギ | セグロカモメ | セグロセキレイ | セッカ | センダイムシクイ | ソウシチョウ | ソリハシシギ | タイワンハクセキレイ | タカサゴモズ | タカブシギ | タゲリ | タシギ | タネコマドリ | タヒバリ | タマシギ | タンチョウ | ダイサギ | ダイシャクシギ | ダイゼン | チゴハヤブサ | チュウサギ | チュウシャクシギ | チュウヒ | チョウゲンボウ | ツクシガモ | ツグミ | ツツドリ | ツバメ | ツバメチドリ | ツミ | ツリスガラ | ツルシギ | トウネン | トビ | トラツグミ | トラフズク | ドバト | ニュウナイスズメ | ノゴマ | ノジコ | ノスリ | ノビタキ | ハイイロガン | ハイイロチュウヒ | ハイイロミズナギドリ | ハイタカ | ハギマシコ | ハクガン | ハクセキレイ | ハシビロガモ | ハシブトガラス | ハシボソガラス | ハジロカイツブリ | ハジロコチドリ | ハチジョウツグミ | ハッカチョウ | ハマシギ | ハヤブサ | ハリオアマツバメ | バン | ヒガラ | ヒクイナ | ヒシクイ | ヒドリガモ | ヒバリ | ヒバリシギ | ヒメウ | ヒヨドリ | ヒレンジャク | ビロードキンクロ | ビンズイ | フクロウ | ブッポウソウ | ヘラサギ | ヘラシギ | ベニマシコ | ホウロクシギ | ホオアカ | ホオジロ | ホオジロガモ | ホオジロハクセキレイ | ホシガラス | ホシハジロ | ホシムクドリ | マガモ | マガン | マヒワ | マミジロキビタキ | マミチャジナイ | ミコアイサ | ミサゴ | ミソサザイ | ミミカイツブリ | ミヤケコゲラ | ミヤコドリ | ミヤマガラス | ミヤマホオジロ | ミユビシギ | ムギマキ | ムクドリ | ムナグロ | メグロヒヨドリ | メジロ | メジロガモ | メダイチドリ | メボソムシクイ | モスケミソサザイ | モズ | ヤブサメ | ヤマガラ | ヤマシギ | ヤマセミ | ヤマドリ | ユリカモメ | ヨシガモ | ヨシゴイ | ヨタカ | ライチョウ | ルリビタキ | レポート | レンカク | 三宅島 | 三河 | 三重県民の森 | 中勢 | 乗鞍高原 | 仙丈ヶ岳 | 伊吹山 | 写真 | 北勢 | 南勢 | 南濃町 | 名古屋市 | 吹田 | 富士山麓 | 平和公園 | 庄内緑地公園 | 愛西市 | 戸隠高原 | 探鳥会 | 朽木ふるさとふれあいの里 | 河北潟 | 海部郡 | 湖北 | 牧野ヶ池緑地 | 石川県 | 舳倉島 | 茶臼山高原 | 藤前干潟 | 豊岡市 | 野鳥 | 鍋田干拓地 | 養老町 | 鶴舞公園