ヒバリ

2010年3月31日 (水)

慣れ親しんだ庄内緑地

 この一年、さんざん通った職場から近い庄内緑地公園ですが、勤務地が移動になり早朝鳥見に通うのは無理となりました。
 最後のというわけではありませんが、鳥見としては閑散とした時期ではありますがのんびりと楽しんできました。


1003hoshigoi01 NikonD300s Nikkor 800mm f8 iso400 ss=1/250

 ホシゴイが池の縁の芦陰に隠れています。
 彼がちょっと緊張気味に見えるのは、ちょうど芦の反対側を散歩中の人たちが通過中だからです。


1003kashiradaka01 NikonD300s Nikkor 800mm f11 iso400 ss=1/500

 メタボリックなカシラダカ。
 栄養補充は完了? 後は旅立つだけなのかな。


1003hibari01 NikonD300s Nikkor 800mm f8 iso400 ss=1/500

 盛んにエサを探すヒバリ。
 冠羽を立てて欲しいなぁ。


1003mejiro01 NikonD300s Nikkor 800mm f8 iso400 ss=1/400

 口元がべったべたなメジロ。
 僕の中ではメジロには梅より桜。


にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月26日 (日)

トレーニングシリーズ

 トレーニングシリーズ第二弾です。


0907hibari01
 NikonD90 Nikkor 500mm 4P f5 iso640 ss=1/640

 場所はいつもの庄内緑地公園の河川敷グランド。エサを探しているらしいヒバリさんがいたので寄せてみます。
 なにせグランドなので身を隠す場所がありません。可能な限り気配を消して身を小さくかがめてそーっと寄せます。


0907hibari02
 NikonD90 Nikkor 500mm 4P f5 iso400 ss=1/400

 おっとエサゲット。
 何の虫かはわかりませんがものすごく満足げな表情に見えます。


0907hibari03
 NikonD90 Nikkor 500mm 4P f5 iso400 ss=1/400

 エサを咥えたままあたりを仕切りと警戒しています。ひょっとしたら雛に運ぶためのエサかもしれません。
 もう少し寄せられそうでしたが、うっかり驚かせてせっかくの獲物を落として逃げるみたいなことになると申し訳ないのでここまで。
 ずりずりとザリガニのように後ずさりで退散。


にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 3日 (水)

テレコンテスト中

0906hibari03
 NikonD90 Nikkor 500mm 4P+teleplus×2 f5.6(11) iso400 ss=1/160

 ヒバリさんで今度は2倍テレコンのテスト。
 やはりモヤッとした感じになるし絞りが二段暗くなるのでシャッター速度が…。
 やっぱり三脚買わないとダメかな…。


にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年6月 2日 (火)

テレコンを買ってみた

 メインで使っているレンズ、ゴーヨンピは電子接点がついているもののMF用の純正テレコンをつけると電子接点が使えない。つまり測光モードが使えない。そこで電子接点が使えるケンコーのテレコンを新しく買ってみたのでテストがてら撮影。モデルはヒバリさん。 


0906hibari01
 NikonD90 Nikkor 500mm 4P+teleplus×1.4 f5.6(8) iso250 ss=1/500

 頭がピンと立ってるといかにもヒバリって感じがする。


0906hibari02
 NikonD90 Nikkor 500mm 4P+teleplus×1.4 f5.6(8) iso250 ss=1/400

 これから新しく巣を作るのか枯れ草を集めてた。


 純正に比べると使いやすいけど妙に黄色く映るのでかなり補正した。ニコンの絵をさらに黄色くするとは恐ろしいテレコンだ…。
 今週はテレコンの試験になりそう。


にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 7日 (火)

S5 PROで野鳥

 おそらくデジタル一眼現行機種の中で最も野鳥撮影に向いてない(連射ができない、反応が鈍い等)であろう「S5 PRO」を使ってみました。レンズは最近ゴーヨンピ(Nikkor500mm 4P MF)ばかりだったので「Reflex1000mm」を選択。ある意味イロモノタッグ。
 ゴーヨンピのレンズ重量が3kgというのになれるとReflex1000mmの2kg以下というのはもはや軽すぎて手が震えます。もはや2kgという中途半端な重量ではレンズ先を安定させることができない体になってしまいました。ただでさえ35換算1500mmという冗談みたいなレンズなので手ブレ量産です。仕方がないので一脚を購入して取り付けます。
 グッバイ手持ち人生、場所はお決まりの早朝庄内緑地です。


0904hibari01
 FujifilmS5 PRO Nikkor reflex 1000mm f11 iso400 ss=1/140 

 最近、警戒心が薄れているヒバリさん。
 鳥としてそれは大丈夫なのか?


0904hibari02
 FujifilmS5 PRO Nikkor reflex 1000mm f11 iso400 ss=1/125

 無理して近づかなくても大きく写せるのは楽です。僕にも鳥さんにも優しい1000mmレンズ。
 しかし手ブレ対策のためとはいえ一脚が邪魔…。遠くに見つけた鳥を追跡するための機動力はちょっと落ちます。そう考えるとやはりメインはゴーヨンピの手持ちになりそうです。


0904hoziro01
 FujifilmS5 PRO Nikkor reflex 1000mm f11 iso400 ss=1/200

 けっこういい声のホオジロさん。


0904daisagi02
 FujifilmS5 PRO Nikkor reflex 1000mm f11 iso400 ss=1/100

 川中腹のダイサギさん。5~60mくらい先で魚を捕っていました。
 ちょっと解像度が低いか…。
 全体的にカリカリの解像度優先な描写はもう一つですが色合いによる質感の再現性の高いカメラだと思います。


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年3月28日 (土)

声すれど姿そこにあらず

 その圧倒的に響くさえずりで飛んでいるときは結構遠くからでも見つけられる、しかも結構高い位置をゆっくり飛ぶヒバリさんですが地上にいるときはいまいち見つけられません。


0903hibari01
 NikonD90 Nikkor 500mm 4P+TC14AS f5.6(8) iso400 ss=1/320

 この保護色、ジッと動かずにいられたら足下にいても気づかずに通り過ぎてしまいそうです。あの声量なのでお立台にでもあがってくれるとすぐ見つけられます。


0903hibari02
 NikonD90 Nikkor 500mm 4P+TC14AS f5.6(8) iso400 ss=1/200

0903hibari03
 NikonD90 Nikkor 500mm 4P+TC14AS f5.6(8) iso400 ss=1/200

 堤防の上で左右に向かって囀るヒバリ、コンクリートに反射してよく響きわたります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

Nikkor Reflex 1000mm | S5 PRO | ひるがの高原 | アオアシシギ | アオゲラ | アオサギ | アオジ | アオバズク | アオバト | アカアシシギ | アカアシチョウゲンボウ | アカエリヒレアシシギ | アカガシラサギ | アカゲラ | アカコッコ | アカショウビン | アカハシハジロ | アカハラ | アカモズ | アジサシ | アトリ | アマサギ | アマツバメ | アメリカウズラシギ | アメリカコガモ | アメリカコハクチョウ | アメリカヒドリ | アリスイ | イイジマムシクイ | イカル | イカルチドリ | イソシギ | イソヒヨドリ | イヌワシ | イワツバメ | イワヒバリ | ウグイス | ウズラクイナ | ウズラシギ | ウソ | ウチヤマセンニュウ | ウミアイサ | ウミウ | ウミネコ | エゾビタキ | エゾムシクイ | エナガ | エリマキシギ | オオアカゲラ | オオアカハラ | オオアジサシ | オオカワラヒワ | オオジシギ | オオジュリン | オオセグロカモメ | オオソリハシシギ | オオタカ | オオハクチョウ | オオハシシギ | オオバン | オオヒシクイ | オオミズナギドリ | オオメダイチドリ | オオヨシキリ | オオルリ | オオワシ | オカヨシガモ | オグロシギ | オシドリ | オジロトウネン | オジロビタキ | オナガ | オナガガモ | オバシギ | オーストンヤマガラ | カイツブリ | カケス | カササギ | カシラダカ | カッコウ | カツオドリ | カモメ | カヤクグリ | カラスバト | カルガモ | カワアイサ | カワウ | カワガラス | カワセミ | カワラヒワ | カンムリカイツブリ | ガビチョウ | キアシシギ | キガシラシトド | キクイタダキ | キジ | キジバト | キセキレイ | キヅタアメリカムシクイ | キバシリ | キビタキ | キマユホオジロ | キョウジョシギ | キリアイ | キレンジャク | キンクロハジロ | クイナ | クサシギ | クビワキンクロ | クロアシアホウドリ | クロガモ | クロサギ | クロジ | クロツグミ | クロツラヘラサギ | ケアシノスリ | ケリ | コアオアシシギ | コアジサシ | コウノトリ | コオバシギ | コガモ | コガラ | コクガン | コゲラ | コサギ | コサメビタキ | コシアカツバメ | コジュケイ | コチドリ | コチョウゲンボウ | コノハズク | コハクチョウ | コホオアカ | コマドリ | コミミズク | コムクドリ | コメボソムシクイ | コヨシキリ | コルリ | ゴイサギ | ゴジュウカラ | サカツラガン | ササゴイ | サシバ | サメビタキ | サルハマシギ | サンカノゴイ | サンコウチョウ | サンショウクイ | シジュウカラ | シチトウメジロ | シノリガモ | シマアジ | シマゴマ | シマセンニュウ | シマノジコ | シメ | ショウドウツバメ | シロチドリ | シロハラ | シロハラクイナ | ジャワアカガシラサギ | ジョウビタキ | スズカモ | スズメ | ズグロカモメ | セイタカシギ | セグロカモメ | セグロセキレイ | セッカ | センダイムシクイ | ソウシチョウ | ソリハシシギ | タイワンハクセキレイ | タカサゴモズ | タカブシギ | タゲリ | タシギ | タネコマドリ | タヒバリ | タマシギ | タンチョウ | ダイサギ | ダイシャクシギ | ダイゼン | チゴハヤブサ | チュウサギ | チュウシャクシギ | チュウヒ | チョウゲンボウ | ツクシガモ | ツグミ | ツツドリ | ツバメ | ツバメチドリ | ツミ | ツリスガラ | ツルシギ | トウネン | トビ | トラツグミ | トラフズク | ドバト | ニュウナイスズメ | ノゴマ | ノジコ | ノスリ | ノビタキ | ハイイロガン | ハイイロチュウヒ | ハイイロミズナギドリ | ハイタカ | ハギマシコ | ハクガン | ハクセキレイ | ハシビロガモ | ハシブトガラス | ハシボソガラス | ハジロカイツブリ | ハジロコチドリ | ハチジョウツグミ | ハッカチョウ | ハマシギ | ハヤブサ | ハリオアマツバメ | バン | ヒガラ | ヒクイナ | ヒシクイ | ヒドリガモ | ヒバリ | ヒバリシギ | ヒメウ | ヒヨドリ | ヒレンジャク | ビロードキンクロ | ビンズイ | フクロウ | ブッポウソウ | ヘラサギ | ヘラシギ | ベニマシコ | ホウロクシギ | ホオアカ | ホオジロ | ホオジロガモ | ホオジロハクセキレイ | ホシガラス | ホシハジロ | ホシムクドリ | マガモ | マガン | マヒワ | マミジロキビタキ | マミチャジナイ | ミコアイサ | ミサゴ | ミソサザイ | ミミカイツブリ | ミヤケコゲラ | ミヤコドリ | ミヤマガラス | ミヤマホオジロ | ミユビシギ | ムギマキ | ムクドリ | ムナグロ | メグロヒヨドリ | メジロ | メジロガモ | メダイチドリ | メボソムシクイ | モスケミソサザイ | モズ | ヤブサメ | ヤマガラ | ヤマシギ | ヤマセミ | ヤマドリ | ユリカモメ | ヨシガモ | ヨシゴイ | ヨタカ | ライチョウ | ルリビタキ | レポート | レンカク | 三宅島 | 三河 | 三重県民の森 | 中勢 | 乗鞍高原 | 仙丈ヶ岳 | 伊吹山 | 写真 | 北勢 | 南勢 | 南濃町 | 名古屋市 | 吹田 | 富士山麓 | 平和公園 | 庄内緑地公園 | 愛西市 | 戸隠高原 | 探鳥会 | 朽木ふるさとふれあいの里 | 河北潟 | 海部郡 | 湖北 | 牧野ヶ池緑地 | 石川県 | 舳倉島 | 茶臼山高原 | 藤前干潟 | 豊岡市 | 野鳥 | 鍋田干拓地 | 養老町 | 鶴舞公園