三河

2012年6月 2日 (土)

無警戒

Miso120502

 水場ちかくではミソサザイが盛んに囀っていました。
 それにしても警戒心が薄いですね。


Miso120503

 尾っぽをギュンギュン、熱唱中。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 1日 (金)

びっくりした

Ooruri120513

 水場にはオオルリも来ていたのですがあんまり近くに寄ってくるので、こっちがびっくりしてしまいました。


Ooruri120512

 いくらなんでも近すぎるでしょ。


Ooruri120514

 あらためてオオルリの美しい青に惚れ惚れとしてしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月31日 (木)

ついでの

 目的のコが撮れた後、ついでに出てきたコマドリも。


Komadori120502


Komadori120503


Komadori120504

 サービス満点でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月30日 (水)

山の水場にて

 ちょっとだけ空き時間が出来たので山へ行ってきました。何が目当てかといったらすごい物が目当てというわけでもなかったのですが、山の水場で先客が僕のお目当てのコが来ていると教えてくれたのでそれは好都合と水場の前に陣取ってパシャパシャやってきました。


Soushityou120501

 ソウシチョウです。
 リベンジリストをまた回収です。


Soushityou120502

 外来種なので本来いてもらっては困るコなのですがすっかりなじんでいます。


Soushityou120503

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月30日 (月)

厳つい

 キリアイを観察しているとツバメチドリがやってきました。水回りに集まる虫を狙ってやってきたようです。


Dsc_0116

 幼鳥のようです。どこかあどけない感じがします。


Dsc_0117

 でも正面顔は精悍というか厳ついというか・・・


| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年8月29日 (日)

いつでも謝る用意があります

 コアオアシシギを見ているとその脇をちょこちょこ歩く小さなシギが居ました。


Dsc_0479

 何でしょう?
 

Dsc_0352

 ヒバリシギ?
 うーん、ヒバリシギかな、ヒバリシギだろう、と現地では思っていたのですが後で確認したところキリアイでした。


Dsc_0365

 現地でお会いしたO氏に「ヒバリシギ」とこのコのことを言ってしまいました。
 つまり僕はO氏にガセ情報を掴ませてしまいました。なんてこったい。
 この件に関しましてはO氏にいつでも謝る用意があります。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年8月26日 (木)

ようやく

 ツバメチドリを観察した後、機材を片付けているときうっかり指を挟んでしまい流血。
 痛い痛いとぼやきつつ田園地帯を流していると湿地のようになった場所に鳥たちが集まっていました。何が居るかな~、と見てみると、去年からずっとフられてきたコアオアシシギが居るじゃありませんか。


Dsc_0177

 見つけることができそうで、なかなか見ることができなかったコアオアシシギをようやく見ることができました。
 ありがとう神様 僕にチャンスをくれて ラスコアオアシシギに会わせてくれて。


Dsc_0159

 それにしても神様、ひょっとしてまだ生け贄制度は健在なのでしょうか?


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年8月25日 (水)

しつこく

 水蒸気がユラユラでまともにツバメチドリが見えないので、少し物陰に移動して様子をうかがってみると、居なくなってしまってました。
 あれ?
 ちょっとあせって探しているとほとんど目の前にいました。


Dsc_9919 NikonD300s Nikkor 800mm f8 iso400 ss=1/1000

 しかもめっちゃこっち見とるがな・・・。
 目つき怖いな。


Dsc_9939 NikonD300s Nikkor 800mm f8 iso400 ss=1/1000

 なにはともあれ、逆光ではありましたが間近でツバメチドリを観察することができました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月24日 (火)

水蒸気の壁

Dsc_9613 NikonD300s Nikkor 800mm f8 iso200 ss=1/800

 この2羽が僕をイリュージョンで欺したツバメチドリとムナグロです。(言いがかり)


Dsc_9708 NikonD300s Nikkor 800mm f8 iso400 ss=1/800

 「うまくいったねぇ」
 「じゃあね」
 「おつかれ~」
 みたいな会話をしつつ上機嫌でムナグロさんは去ります。
 残ったツバメチドリを狙いつつ身を小さく低くして近づきますが、どう撮ってもモワッとした写真しか撮れません。水蒸気が壁となって光線をゆがませています。肉眼でもユラユラと見えましたから相当なものです。


Dsc_9903 NikonD300s Nikkor 800mm f8 iso400 ss=1/800

 農道の脇をじりじりと伏せながら近づきます。野菜泥棒に間違われたらどうしよう?
 20m弱まで近づきましたがそこまで詰めてもやっぱり水蒸気が強力でモワッとした写真になりました。現像の時点でシャープネスとコントラストを強くしたらちょっとよくなりましたが、さっぱりとしたしょう油顔(死語)のツバメチドリがこってりしたソース顔(死語)になってしまいました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月23日 (月)

サマーイリュージョン

 灼熱の田園地帯、休耕田(畑)でシギチドリ探しです。


Dsc_9561 NikonD300s Nikkor 800mm f8 iso200 ss=1/800

 畑の間を流れる水路から何かひょっこり頭を出しています。
 ツバメチドリじゃありませんか。去年さんざん探してフられたうちの一種です。こ、ここここれはチャンス!
 ツバメチドリがひょっこり出していた頭を引っ込めたので息を殺して再び姿を現すのを待ちます。
 待ちます。
 じっと待ちます。
 じーっと待暑いなコン畜生ちます。

 待っていた甲斐があったのか、ひょっこりまた顔を覗かせてくれました。やったー!


Dsc_9569 NikonD300s Nikkor 800mm f8 iso200 ss=1/800

 あれ?
 ムナグロさん?
 ツバメチドリさんは?
 つーかどんなイリュージョンですか。この欺しっぷり、ムナグロというよりハラグロですか。

 (このあと一生懸命探したら、ツバメチドリは水路を移動したのかちょっと離れたところにすまし顔で居ましたとさ)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

Nikkor Reflex 1000mm | S5 PRO | ひるがの高原 | アオアシシギ | アオゲラ | アオサギ | アオジ | アオバズク | アオバト | アカアシシギ | アカアシチョウゲンボウ | アカエリヒレアシシギ | アカガシラサギ | アカゲラ | アカコッコ | アカショウビン | アカハシハジロ | アカハラ | アカモズ | アジサシ | アトリ | アマサギ | アマツバメ | アメリカウズラシギ | アメリカコガモ | アメリカコハクチョウ | アメリカヒドリ | アリスイ | イイジマムシクイ | イカル | イカルチドリ | イソシギ | イソヒヨドリ | イヌワシ | イワツバメ | イワヒバリ | ウグイス | ウズラクイナ | ウズラシギ | ウソ | ウチヤマセンニュウ | ウミアイサ | ウミウ | ウミネコ | エゾビタキ | エゾムシクイ | エナガ | エリマキシギ | オオアカゲラ | オオアカハラ | オオアジサシ | オオカワラヒワ | オオジシギ | オオジュリン | オオセグロカモメ | オオソリハシシギ | オオタカ | オオハクチョウ | オオハシシギ | オオバン | オオヒシクイ | オオミズナギドリ | オオメダイチドリ | オオヨシキリ | オオルリ | オオワシ | オカヨシガモ | オグロシギ | オシドリ | オジロトウネン | オジロビタキ | オナガ | オナガガモ | オバシギ | オーストンヤマガラ | カイツブリ | カケス | カササギ | カシラダカ | カッコウ | カツオドリ | カモメ | カヤクグリ | カラスバト | カルガモ | カワアイサ | カワウ | カワガラス | カワセミ | カワラヒワ | カンムリカイツブリ | ガビチョウ | キアシシギ | キガシラシトド | キクイタダキ | キジ | キジバト | キセキレイ | キヅタアメリカムシクイ | キバシリ | キビタキ | キマユホオジロ | キョウジョシギ | キリアイ | キレンジャク | キンクロハジロ | クイナ | クサシギ | クビワキンクロ | クロアシアホウドリ | クロガモ | クロサギ | クロジ | クロツグミ | クロツラヘラサギ | ケアシノスリ | ケリ | コアオアシシギ | コアジサシ | コウノトリ | コオバシギ | コガモ | コガラ | コクガン | コゲラ | コサギ | コサメビタキ | コシアカツバメ | コジュケイ | コチドリ | コチョウゲンボウ | コノハズク | コハクチョウ | コホオアカ | コマドリ | コミミズク | コムクドリ | コメボソムシクイ | コヨシキリ | コルリ | ゴイサギ | ゴジュウカラ | サカツラガン | ササゴイ | サシバ | サメビタキ | サルハマシギ | サンカノゴイ | サンコウチョウ | サンショウクイ | シジュウカラ | シチトウメジロ | シノリガモ | シマアジ | シマゴマ | シマセンニュウ | シマノジコ | シメ | ショウドウツバメ | シロチドリ | シロハラ | シロハラクイナ | ジャワアカガシラサギ | ジョウビタキ | スズカモ | スズメ | ズグロカモメ | セイタカシギ | セグロカモメ | セグロセキレイ | セッカ | センダイムシクイ | ソウシチョウ | ソリハシシギ | タイワンハクセキレイ | タカサゴモズ | タカブシギ | タゲリ | タシギ | タネコマドリ | タヒバリ | タマシギ | タンチョウ | ダイサギ | ダイシャクシギ | ダイゼン | チゴハヤブサ | チュウサギ | チュウシャクシギ | チュウヒ | チョウゲンボウ | ツクシガモ | ツグミ | ツツドリ | ツバメ | ツバメチドリ | ツミ | ツリスガラ | ツルシギ | トウネン | トビ | トラツグミ | トラフズク | ドバト | ニュウナイスズメ | ノゴマ | ノジコ | ノスリ | ノビタキ | ハイイロガン | ハイイロチュウヒ | ハイイロミズナギドリ | ハイタカ | ハギマシコ | ハクガン | ハクセキレイ | ハシビロガモ | ハシブトガラス | ハシボソガラス | ハジロカイツブリ | ハジロコチドリ | ハチジョウツグミ | ハッカチョウ | ハマシギ | ハヤブサ | ハリオアマツバメ | バン | ヒガラ | ヒクイナ | ヒシクイ | ヒドリガモ | ヒバリ | ヒバリシギ | ヒメウ | ヒヨドリ | ヒレンジャク | ビロードキンクロ | ビンズイ | フクロウ | ブッポウソウ | ヘラサギ | ヘラシギ | ベニマシコ | ホウロクシギ | ホオアカ | ホオジロ | ホオジロガモ | ホオジロハクセキレイ | ホシガラス | ホシハジロ | ホシムクドリ | マガモ | マガン | マヒワ | マミジロキビタキ | マミチャジナイ | ミコアイサ | ミサゴ | ミソサザイ | ミミカイツブリ | ミヤケコゲラ | ミヤコドリ | ミヤマガラス | ミヤマホオジロ | ミユビシギ | ムギマキ | ムクドリ | ムナグロ | メグロヒヨドリ | メジロ | メジロガモ | メダイチドリ | メボソムシクイ | モスケミソサザイ | モズ | ヤブサメ | ヤマガラ | ヤマシギ | ヤマセミ | ヤマドリ | ユリカモメ | ヨシガモ | ヨシゴイ | ヨタカ | ライチョウ | ルリビタキ | レポート | レンカク | 三宅島 | 三河 | 三重県民の森 | 中勢 | 乗鞍高原 | 仙丈ヶ岳 | 伊吹山 | 写真 | 北勢 | 南勢 | 南濃町 | 名古屋市 | 吹田 | 富士山麓 | 平和公園 | 庄内緑地公園 | 愛西市 | 戸隠高原 | 探鳥会 | 朽木ふるさとふれあいの里 | 河北潟 | 海部郡 | 湖北 | 牧野ヶ池緑地 | 石川県 | 舳倉島 | 茶臼山高原 | 藤前干潟 | 豊岡市 | 野鳥 | 鍋田干拓地 | 養老町 | 鶴舞公園